COMPANY

会社概要

会社概要

MESSAGE

広島放送は広島テレビグループの映像制作会社。
テレビ番組、テレビCM、プロモーション映像の制作を核とする総合プロダクションです。
広島テレビで放送されているバラエティー番組の制作をはじめ、レギュラーの情報番組からカープ・サンフレッチェなどのスポーツ番組まで制作協力をしています。
さらにそのノウハウを生かし企業のVPやCM制作も行い映像の力を活用して県内外に発信をしています。

広島放送はこれからも「お客様のニーズに応え」、社員一人一人「熱い思い」で「企画・制作・撮影・CG」と映像制作のプロ集団として皆様に「感動」を届ける会社を目指し続けて参りますので宜しくお願いいたします。

小道康弘

COMPANY PROFILE

会社名
広島放送株式会社
所在地
〒732-8575 広島県広島市東区二葉の里3-5-4
広テレビル4F
TEL
082-546-9696
FAX
082-567-7644
設立
昭和46年2月
資本金
6,000万円
従業員数
67名
代表者
代表取締役社長 小道 康弘
株主
広島テレビ放送株式会社
加盟団体
  • 日本テレビネットワーク連盟
  • 全国映像製作社協議会
  • 中四国映像製作社連盟

COMPANY HISTORY

昭和46年 資本金50万円で創立。放送並びに一般の映像、音声素材の制作及び関連機器販売を目的とする。
昭和61年 広島テレビ放送から1名出向、本格的に映像制作稼動。撮影、編集機材一式導入。
広島テレビ放送から2名出向、映像制作部門強化。
昭和62年 資本金を6,000万円とする。
ポスプロ編集システム導入。
平成元年 ポスプロ用編集室増設。広島地区で唯一オンライン編集機を2式有するプロダクションとして編集のグレードアップと効率化を図る。
平成2年 3カメ+1対応の簡易中継収録システムを導入。ゴルフ中継のカバーやイベント収録に対応。
平成4年 本社を中区中町6-30 広テレプラザ5階に移転。
オンライン編集室、オフライン編集室、MAルーム、撮影ミニスタジオ、VTRライブラリを配置。
マトリクススイッチャーでVTR機器を有機的に結合し、さらに編集効率を向上。
平成5年 中継車導入。
平成2年 3カメ+1対応の簡易中継収録システムを導入。ゴルフ中継のカバーやイベント収録に対応。
平成6年 CG制作システム導入。
平成8年 広島テレビ放送より2名出向。番組制作部門強化。
平成9年 MA機器増設。
平成10年 広島テレビ放送より1名出向。制作技術部門強化。
平成11年 ノンリニア編集システム導入。
平成13年 「永遠のシルクロードから画家・平山郁夫-大壁画への挑戦」(広島テレビ 制作著作・広島放送製作協力)民放放送連盟賞・ 優秀賞を受賞。 HDカメラ導入。
平成17年 HDリニア編集システム、HDノンリニア編集システム導入。
平成19年 HDノンリニア編集システム(EDIUS / Finalcut Pro)増設。
中四国映連グランプリ
 最優秀賞 短編VP部門 「美の殿堂をめざして ―美術商の百年―」
 優秀賞  テレビ番組部門 「歴史ミステリーの旅 国宝の寺 尾道浄土寺~再興700年の夢ロマン~ 」
平成20年 中四映連グランプリ2008
 優秀賞 短編・VP(文化)部門 「奥田小由女 記念展 展示紹介館内VP」
 優秀賞 テレビ番組部門 「平山郁夫喜寿特別番組 ~道標なき旅の彼方に~」
平成21年 HDノンリニア編集システム(EDIUS)増設。
中四映連グランプリ2009
 最優秀賞 短編・VP(文化)部門 「響きあう技と心 ~大濱紙 誕生物語~」
全映協グランプリ2009
 最優秀賞 短編・文化部門 「響きあう技と心 ~大濱紙 誕生物語~」
平成25年 HDカメラ CANON EOS C-300導入。
平成26年 中四映連グランプリ2014
 最優秀賞 番組部門(短編) 「出逢い ~被爆ピアノとハービー・ハンコック~」
 優秀賞  番組部門(放送) 「理想郷においでニャン! ~尾道の猫のひとり言~」
全映協グランプリ2014
 優秀賞  番組部門「出逢い ~被爆ピアノとハービー・ハンコック~」
平成29年 中四映連グランプリ2017
 最優秀賞 デジタルコンテンツ部門 Parallelleap ミュージックビデオ「8月のカメリア」
平成30年 8月20日 新社屋完全移転

ACCESS